避妊に失敗した、酔いつぶれてコンドーム無しで性行為をしてしまった、無理矢理な性的暴行を加えられたなど、避妊できなかった時、女性の負担は非常に大きいものです。もし妊娠してしまったら?中絶するにもお金はかかるし、お腹に宿った子をおろすにもかなりの勇気がいるでしょう。そんなもしもの時にお守り代わりになるのが、アフターピルです。婦人科などに行かなくてもネット通販で買うこともできるので知っておくと便利です。

もどりの錠剤
  • ホーム
  • アフターピルの病院処方について

アフターピルの病院処方について

病室

アフターピルは望まない妊娠を防ぐために性行為の後に服用する緊急避妊薬です。
性行為中にコンドームが破れてしまい、精液が膣内で漏れてしまったような場合に妊娠を回避するために服用します。

アフターピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれており、この女性ホルモンの血中濃度を高めると、脳が妊娠したと勘違いして脳からのホルモンの分泌を停止するようになります。
脳からのホルモンの分泌が無くなることによって排卵が起こらなくなるだけではなく、子宮内膜が厚くならないようになります。
子宮内膜が厚くならないので、たとえ精子と卵子がくっついて受精卵になったとしても着床しにくくなり、その結果として妊娠が成立しにくくなる作用があります。
さらに、子宮頸管の粘液も変化するため、精子が子宮頸管内を進みにくくなり、妊娠を回避することが可能です。

アフターピルはこのような高い避妊作用を有している薬ですがアフターピルはあくまでも緊急避妊薬であるため常用するものではないことをきちんと理解しておく必要があります。
アフターピルは基本的に避妊に失敗したことに気づいてから72時間以内に服用すれば高い確率で避妊が可能です。
72時間を超えて服用しても一定の確率で妊娠を回避することができますが、妊娠する確率が72時間以内に服用した場合と比べて高くなってしまうため注意が必要です。
避妊に失敗したことに気がついたらできるだけ早期に服用するようにします。
性行為後、アフターピルの服用が早期であればあるほど高い確率で妊娠を回避することができるからです。

アフターピルは病院で処方してもらうことができます。
病院の中でも産婦人科のある病院にいけば処方箋をもらうことができ、薬局でアフターピルを処方してもらうことが可能です。
病院の産婦人科で処方してもらう場合にはいくつか注意したいことがあります。
アフターピルは通販で購入することもできます。
病院処方と通販では値段が全く異なるので自分の状況に合せて使いわけるようにすることが大切です。

アフターピルは保険適応外!値段が病院によって異なる

アフターピルは保険適応外の薬です。
アフターピルは緊急避妊を目的とした薬であるため、何らかの病気を治すような治療を目的とした薬ではありません。
妊娠したとしてもそれは病気ではないため、保険適応外となってしまうのです。
保険適用の薬であるため、アフターピルの服用は自由診療ということになります。
そのため、病院によってアフターピルの値段は異なるため注意が必要です。
アフターピルは自分で事前に通販で購入しておくこともできますが、病院で処方してもらったほうが安心です。

産婦人科がある病院であってもアフターピルを処方していない病院もあります。
病院に行く前に問い合わせを行った方が安心です。
アフターピルそのものの値段だけではなく、病院ではどのような検査を行うかも異なります。
そのため、検査の種類によって値段も変わってきます。
アフターピルそのものの価格に加えて、診療費や検査費が必要であるため、病院でのアフターピルの処方が一般に高額になる傾向があります。

日本の病院や薬局で一般に処方されているのはノルレボ錠と呼ばれるアフターピルとヤッペ法を用いるプラノバール錠と呼ばれる中用量ピルです。
ヤッペ法を用いるプラノバール錠は2回(錠)服用する必要がある一方で、ノルレボは一錠の服用で妊娠を回避することができる薬です。
プラノバール錠はノルレボ錠と比較して値段が安価ではありますが、含有されているホルモン量が多いことと、2回に分けての服用が必要となるというデメリットがあります。
その点、ノルレボ錠は性行為後1錠服用するだけで避妊の可能性を高くすることができるというメリットがあるアフターピルです。
現在、病院ではノルレボ錠の処方が一般的となっています。